中学からの視力回復法!メガネの前にアイトレーニング

中学生になって娘の視力が劇的に悪くなった!

中学生になると急激に目が悪くなる子供はとても多いです!

 

我が家の娘も中学になって急激に視力が低下してしまいました。

 

メガネ

 

小学生の時にはずっと目が良くてA判定をキープしていたのですが、中学生になって目を細めるようになって調べてみると0.3になっていたのです。

 

その原因は中学生になって生活環境が変わったのがひとつです。

 

まずスマホを持つようになり、とにかく近くばかり見る生活の近視眼的な生活になってしまった為です。

 

近視眼的な生活はスマホだけではなく、携帯ゲームや勉強の時間も長くなったりと生活がそのようなものになってしまった為です。

メガネにするしかない?

はじめは娘から『目が見えなくなっている!』と聞いた時にはびっくりしました。

 

学校からは『黒板も見えていないので早めにメガネにしてください』と言われてしまいました。

 

夫にも相談をすると、『一回は病院に行ってみてもらうしかないよ』と言います。

 

学校にも夫にもメガネにするしかないといわれると、そうするしかないとも思いましたが、何か子供が可哀そうな気がしました。

 

女の子だしいきなり学校にメガネを掛けていくと、男の子にからかわれてしまうではないか?

 

娘が恥ずかしい思いをするのではないか?などといろいろと考えてしまいます。

 

コンタクトレンズも高校生になっていれば良いですが、中学生の成長期には適していないと考えています。

 

それに一度メガネにしてしまうと、もう一生メガネ生活になってしまう気がして、娘が不憫に思えてきたのです。

視力回復という方法とは?

メガネにすることを躊躇していましたが、翌日夫が会社から帰ってくると、いきなり『目をよくする方法があるみたいだぞ』と言ってきました。

 

よくよく話を聞くと、会社の同僚の子供がやはり目が悪くなって、ダメ元で視力回復のトレーニングをやったそうです。

 

すでに悪くなっているなら、視力回復トレーニングをやって治らなくても元々、良くなったらラッキーくらいの気持ちでやったそうです。

 

メガネを買うことや高校生になって、それからずっとコンタクトレンズを買い続けることを考えたら安いものと割り切ったそうです。

 

そんな話を聞いた夫も、まずはやってみようと少し興奮気味に話してきます。

 

とは言え、私は視力回復のトレーニングなんて聞いた事がなかったので、少し疑いました。

 

なにそれ?です。

色々と調べてみる!

視力回復トレーニングというものには疑いの目を向けつつ、色々と知らべに調べてみました。

 

娘の目が良くなるなら絶対に良いに決まっているからです。

 

そんな視力回復トレーニングを調べていると、実は実店舗で視力回復センターというものがあることを知ったのです。

 

しかも、視快研という店舗は全国的にあって、しかも長きに渡って運営されていることを知りました、

 

実店舗があること。そして長い年数の実績があること。

 

もしこれがいい加減なものであれば、とっくに潰れているだろうと思ったのです。その時に、視力はトレーニングによって回復するのではないかと思ったのです。

 

それから本気で調べに調べました。

 

そして分かったのは、視力回復センターの視快研の視力回復方法を自宅でもできるように開発されたものがありました。

 

それが⇒アイトレーニングコンプリートキット!というものでした。

 

夫にも会社の同僚の人がやったものを確認してもらいましたが同じものでした。

 

そこで更にこの視力回復方法が本当に効果があるのかを調べました。

仮性近視などにはかなり効果的!

視力回復方法のアイトレーニングというものを調べていくと、当然ながら100%の回復などありませんでした。

 

ここはむしろ当然であって、100%治るなどと言っていたら絶対に疑っていたでしょうね。

 

ただ、仮性近視という急激に視力が悪くなったものであれば、かなりの確率で良くなる可能性があるのも分かりました。

 

また、手術のようにリスクがあるものではなく、トレーニングなので安全に回復する方法というもの分かってきました。

 

これは体の運動能力と一緒で、スポーツをやっている子供と何もやっていない子供とでは体力差があるのと同じだと思ったのです。

 

なので、見る能力が低下した状態を、目のトレーニングによって見る能力を回復するものだと感じました。

 

この考えは間違っていませんでした。

先延ばしはダメと思って!

ここまで調べて視力回復する可能性があるのであれば、まずはやってみようと思いました。

 

目が悪くなってそのまま先延ばしは絶対にダメだと思ったのです。目が悪くなったら少しでも早く対応したほうが、治る確率は高いと思ったのです。

 

年齢も当然ながら若ければ若いほど視力は回復しやすいそうです。

 

視力低下して、数年経ってから視力回復に取り組むのと、視力低下に気が付いてすぐに取り組むのとでは、もちろんすぐの方が回復する確率は高いです。

 

そして小学生と中学生、または高校生では小学生の方が回復しやすいと言えます。その意味で言えば、中学生は視力回復しておく最後のタイミングとも言えます。

 

もちろん、高校生や大人でも回復する事はできますが、回復しやすいと言う事ですね。

返金保証もあった!

娘の視力回復方法はアイトレーニングをやってみました。

 

その理由の一つに返金保証があったからです。万一やってみてダメだったら返金をしてもらえば良いと思ったからです。

 

これからずっとメガネやコンタクトにお金が掛かることを考えたら、この視力回復方法で視力が良くなるなら全然安いとも思ったのです。

 

子供の視力なのでお金だけではないですが、変なので失敗はしたくないのでこの返金保証は安心料だと思いました。

 

また、ダメなら返してもらえば良いと思っただけではなく、返金保証は自信の表れだと感じました。

 

返金保証があるのであれば、やってみない手は無いと思ったのでやりました。

これからメガネを掛ける人生と掛けない人生

娘は中学生なので、これからの人生はとても長いものです。

 

その多くの人生をメガネを掛けるか掛けないかのストレスの違いは大きいです。

 

異性にモテたい!
スポーツを頑張りたい!
中学生から高校生、そして大学生と学生時代だけを考えてもメガネを掛けなくて済むなら、絶対にその方が良いはずです。

 

ただ、多くの人は子供も親も視力低下に対して安易に考えてしまいます。『目が悪くなった!メガネにしないとね』と考えてしまいます。

 

これが失明するかも?となったら、本気で良い医者を探したり、治る方法を探すはずです。

 

しかし、視力回復に関してはいとも簡単に諦めてしまっているように思います。

 

我が家では、夫と話して良くなる可能性があるならまずはやってみようとなったのです。

アイトレーニングの効果を感じて!

ここに紹介したいと思ったのは、我が家の娘の視力が1.0までなったのです。

 

娘はたまたま夫が視力回復方法があると聞いてきたので出来ましたが、知らなければ多分メガネにしていました。

 

それを思うとゾッとします。

 

今では娘はメガネを掛けずに普通に生活ができるようになっていますが、あの時にメガネにしていたらずっとメガネの生活になっていたはずです。

 

なので、視力は回復する可能性はありますよ!と言っておきたいのです。

アイトレーニングコンプリートキット

我が家がやってみた視力回復トレーニングはアイトレーニングコンプリートキットです。

 

返金保証もあるのは公式サイトからなので注意してください。

 

返金保証ありの公式サイトは⇒アイトレーニングコンプリートキット!からです。

 

視力回復する事を祈っています。

 

メガネ